藤原紀香44歳「なんとか子供が欲しい!」愛之助の複雑な事情は?

最近ずっと気になる話題をふりまく
「ラブリン&紀香」
*・゚゚・*:.。..。.:*゚:*:✼✿(ღ✪v✪)。゚:*:✼.。✿.。キラキラ♥
週刊誌でも毎回いろんな記事が掲載されています。

きちんとブログで交際を発表しているところが
好感もてますね。(*^_^*)



ラブリンは梨園に生まれた人ではないのですね。
複雑な事情、苦労をされて実力で今の座をつかんだ努力家です。

ラブリンはもともと町工場の息子です。
大阪府堺市にある船のスクリュー工場を祖父がおこし
父もそこで働いている、そんな家で生まれました。
ai22


家の前は車の通行量が多くて家の中で妹と遊ぶことが多かったようです。
地域の野球チーム、サッカーチームとかもなくて
5歳の時に心配した両親が友達ができるようにと
松竹の稽古場に通うようになったのが
そもそも芸能界入りのきっかけだそうですね。

片岡秀太郎の目にとまり養子縁組をしたのが
19歳の時。
yjimage (8)

その後悲しい出来事が立て続けに起ります。
1999年に実母が亡くなり、翌2000年には実父が亡くなっています。
それで実家の工場は閉めることとなったそうですね
ラブリンは悲しみに打ちひしがれる日々だったようですが
この時に「明日がないかもしれないと思ったら、今この瞬間が大事」
と思い、そこからがむしゃらにどんな役にも挑戦したそうです。

そうゆう事情で
養子として梨園入りしているので
ラブリンがなんとしててでも後継ぎを残す意味合いは
あまりないのかもしれないと週刊誌が報じています。
高校生になる認知していない息子もいるそうです。

藤原紀香は
以前の結婚で無駄にした2年間という時間、汚名を
次の結婚でなかったことにしたいという気持ちが強い
と友人に語っているそうです。


噂によると以前の結婚でも子供を作ろうと思っていたそうなんですが
体の線が崩れるのがイヤだからと陣内に断われていたとか

藤原紀香ももう44歳、今は50になっても出産は可能と言われていますが
出産に関してはギリギリな気分のお年頃ですね。
「なんとか子供が欲しい」
と知人に語っているようです。

39歳の時にテレビ番組で「はるな愛」らと歓談していた中でも
目を輝かせて「子供が欲しい」と語っていた。

出産だけは人それぞれにタイムリミットがあるのですが
これだけ本人だけの努力ではどうにもならないですもんね
昔読んだ本に「恵まれないのもまた恵み」と書いてありました。
子供にめぐまれない悲しみを感じるというのも
生きる意味になるのかもしれません。
yjimage (9) yjimage (10)


最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする