解決!ナイナイアンサー「くみっきー」私が結婚に一歩近づいた元彼

2015年9月29日
解決!ないないアンサー
yjimage (3)
実録!独身美女芸能人
私が結婚に一歩近づいた「元彼」

独身美女くみっきーこと船山久美子
「結婚相手は愛よりお金」



モデルの仕事で知り合った彼、収入面もクリアーし、
この人と結婚したら絶対失敗しないだろうな❤」まさに理想の彼だった。


ところが、
「あ、やっちゃったよごめん、お金おろしてくるの忘れちゃった、後で必ず払うからここだけ払っておいてくれる?」
などとレストランの支払いをクミッキーにさせることが度々・・・・・


徐々にお金にルーズになっていった彼、毎回毎回、財布にお金入ってなかったとか、いろんな理由をつけてくみっきーが払うことが多くなり、なんかおかしいなと思うようになった。

とはいえ、結婚を視野に入れた相手だし、金額も小額だったため、とがめることはなかった。
しかし、そんなくみっきーでも許せないまさかの出来事が起った( ̄□ ̄;)

家賃数十万の高級マンションに引っ越していた彼w(°o°)w
「お金大丈夫なの?」と聞くと
「え?一緒に住むでしょ?一緒に住めば家賃大丈夫っておもって(*´∀`*) 」


そう言われてショックだった。
私にお金払わせようって思ってる。彼に不信感を募らせたくみっきーは「ちょっと自分に甘いんじゃない?」そして一緒に住めないと告げると態度が豹変!!


「今さら何言ってるんだ?こっちだって知ってるんだ、こんなものコソコソメモりやがって、金、金、金、金、細かいんだよー<(`^´)>」逆ギレし、怒り狂った。

実はお金を立て替える際、その金額を手帳に細かくメモしていたのを見られていた。

お互いのお金への価値観の違いで終止符を打ったが、くみっきーはこう語る。

「今思えばお金にルーズなとこ以外は私の理想を叶えてくれる相手ではあったし、出会わないので、そうゆう方と。」

あの時、お金にこだわらず、彼を許せばよかったのだろうかと思い悩むくみっきーである。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする