★ビビット★北斗昌「結婚20周年を病室で祝う!夫婦愛」佐々木健介ブログ再開

2015年10月2日
白熱ライブ「ビビット」

び

闘病中の北斗昌&佐々木健介夫妻
きのう20回目の結婚記念日!!
(ノ゚∀゚)ノ.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

なんともいえない福笑顔の写真が届いていましたよ!
お二人の顔というか、笑顔がそっくり!!
( *^ 3(*^u^`*)


佐々木健介さんは北斗さんのすすめで
昨日から1年半ぶりにブログを再開されたそうです。
北斗昌の旦那ちゃんです

下書きに14時間かかったという ブログより

チャコが死んでしまうかもと考えた時、
恐くて恐くて心も体も震えました。


俺、チャコが癌告知されてからどんな顔をしてたんだろう?
なんで、一番辛いチャコに俺、心配されてんだろう?

無理に笑って、いつもの強い口調で喋るチャコがかわいそうで
俺が守らなくて誰が守るんだよ!とハッとしました。

二人が病気以上に悩んだことがありました。

それは、長男健之介君(16)と、次男誠之介君(12)
多感な年ごろの子供達に病気についてどう話すかということ。

悩んだ末。健介さんが子供達と
映画「余命一カ月の花嫁」を一緒にみた。
それは、末期の乳癌を宣告された女性の
「最後の一カ月」に密着したドキュメンタリー番組を映画化した作品です。


子供達には辛すぎるんじゃないか、そう思われるかもしれませんが、
乳癌は死んでしまう可能性もある恐ろしい病気で、

戦う覚悟を12歳だろうが16歳だろうが、
家族みんなが覚悟を持って戦わないとならない病気だと
理解させなければならないと思ったから、この映画を見せました。


映画を観終わり、母親が乳癌だと打ち明けると
長男は「分かってたよ、なにかあると思ってたよ」と言い、
長男の意外な言葉に驚いたといいます。

北斗さんもブログで術後の右胸の写真をUP
衝撃的すぎて・・・涙というよりも、ごめんねと思う気持ちのほうが強くて

辛い現実を直視して一歩前へ踏み出した北斗さん
昨日は健介さんと病室で結婚20周年のお祝いをしたといいます。

10月1日は私達にとって新たな記念日になりました。
進まないとね、前へ前へ・・・

健介さんのブログより~
この笑顔が結婚30周年、40周年、50周年と
もつともっと続いてくれるように!

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする