紅葉狩りって何で「狩り」なん?紅葉見でいいんちゃうん?

紅葉狩りとはなぜ「狩り」と言う?

image

食欲の秋、山がだんだん赤や黄色に染まってくると
「紅葉狩りに行こうよ」と誘われることも多いと思うのですが
最初、「紅葉狩り」と聞いた時は、紅葉をとってきてそれで何か料理でも作るのか?と思った。

大阪の箕面市の有名なお土産に「もみじせんべい」がある
もみじを特性のタネにつけて油で香ばしく揚げたものだけど
これがまぁまぁ美味しいので、そうゆうものを作る一連のことを「紅葉狩り」というのかと思った。

由来は?

「メロン狩り」「いちご狩り」「ブドウ狩り」など植物を採る意味でもつかわれるようになり
草花を眺めることでも使われるようになったということだ。

平安時代、狩猟をしない貴族が表れて、
花や木を眺めることを狩りと言ったという言い伝えもあります。

現代では枝を折ったりするのはルール違反です。
遠くから眺めたり、ドライブをしながら、または山を歩きながら紅葉狩を楽しんでください。

正しい紅葉狩りの仕方

正しいやり方というのは、特にないようですし、地域によって違うこともないようですが
主にピクニック型とハイキング型、ドライブ型にわかれるようです。

・ピクニック型
公園など、あるポイントまで行って、そこでお弁当などを広げ半日ぐらいを過ごす

・ハイキング型
主に山などを歩きまわりながら紅葉を見る

・ドライブ型
車でドライブしながら、気に行った場所ですかさず停まりしばし眺めるを繰り返す

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする