喜多嶋舞が芸能界引退を表明!婦人公論に独占激白!反論しなかった理由は連帯保証人★ビビット

本日12/8発売の”婦人公論”で一連の騒動について
喜多嶋舞さん独占激白しました!!
yjimage (7)
「家族や親族をこれ以上騒動に巻き込むわけにはいきません・・」

喜多嶋さんは自身が女優をしていることで
息子や家族が世間の好奇な目にさらされていると考え
芸能界引退を表明しました。
残りの人生を母として、妻として生きていくことを決めたと言います。

ずっと胸に秘めた思いを話して私は芸能界を引退します。
と大きい見出しの記事、

これまでコメントを控えていた喜多嶋舞さんが
胸中を明かしました。

去年1月の大沢さんの会見以来、
喜多嶋さんが公の場で反論することがなかった

その理由について

私が発した言葉の影響で大沢さんの仕事がなくなり
借金を返せなくなったら私まで被害にあうのですから・・・

記事によると、喜多嶋さんが沈黙を貫いたのは
大沢さんが高級マンションの購入で抱えた、
数千万円の借金の
連帯保証人だったからだという。

そしてもう一つの理由が
普通の子より傷つきやすく、現実への対応が難しい息子を

もう一度メディアの前に引っ張り出すのが耐えられなかったと主張しており
判決の結果に息子が「もう死にたい」と
かなりのショックを受けてうることを明かしています。

その一方で
私は再鑑定を行い、身の潔白を証明したいと思います。
喜多嶋さんは息子の父親は大沢さんに間違いないとした上で
息子が成人し社会人となったら、
再度DNA鑑定をしたいと語っています。


婦人公論の記事について、大沢さんの所属事務所は
白熱ライブ「ビビット」の取材に
今回のことに対してお話できることはありません
としています。

先月の判決で終幕を迎えたかと思われていたこの騒動
はたして、いつ終わりを迎えるのでしょうか?

この記事は白熱ライブ「ビビット」を参考に書きました。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする