ディーンフジオカDEAN FUJIOKA「あさが来たの五代様」嫁はインドネシア人で双子の子供★白熱ライブ「ビビット」1/25

連続テレビ小説「あさが来た」五代様役を演じた
人気急上昇俳優ディーンフジオカさん(35歳)
1/25白熱ライブ「ビビット」が密着取材していました(・o・)ノ 
で
びっくりぽんw(°o°)wなことに、
奥様とお子様がいらっしゃる!

2012年7月、オーストラリア育ちでインドネシア国籍の女性と結婚!
二卵性双生児の1男1女がいる
で


現在は、TBS火曜ドラマ「ダメな私に恋してください」
超ドS役を演じています。

「ドSって何かなと思って辞書で調べたりとかして
載ってなかったですけどね
手当たりしだい、できることを全てやるみたいな感じで
SMクラブ行って、Sとはなんなのかってところから・・・
いや、行ってないですよ、冗談です( ゚д゚)」

五代様の役作りは・・・・?

「五代さまに関しては全く知らない人物だったので
白紙の状態で資料とかを調べたりとか
その道の歴史の博士だったりとか、子孫の方々と話をしたり
街の声を聞いたりとか、そうゆうのをやって
自分の想像力を使って
その都度の五代さまの一人の人間として感情の起伏っていうか
喜怒哀楽があるんで一人の、どんな人でも人間であれば
現場行って、ガチャガチャポンみたいな」

突如、日本のドラマ界に現れたディーンさん
今までどこで何をしていたんでしょうか?

ご両親と祖父母も日本人
福島県生まれ、千葉県鎌ケ谷市で育ち。
千葉県立船橋高校を卒業後、
アメリカシアトル大学へ留学し、IT学科を専攻
卒業後、アジアのさまざまな国を巡り、放浪・・・
多様な人種・文化・言語に触れ、感銘を受ける。

2004年(当時25歳)に香港でスカウトされ、モデルデビュー
俳優として映画にも出演。

2006年には活躍の場を台湾に移す
様々な映画やドラマに出演、
台湾では知らない人はいないほどの大人気俳優に!

そんな台湾で活躍するスターに日本の映画界も大注目
2013年に映画「i AM ichihashi 逮捕されるまで」で日本デビュー
主演に抜擢される。
そして、ついに朝ドラで大ブレイク

香港や台湾に住んでいたので中国語はもちろん
日本語、中国語、インドネシア語、四か国語を話すマルチリンガル
さらに、俳優活動の傍ら、音楽活動もされているのです。

そんな完璧なディーンさんですが
過去には大ピンチが!!

顔を麻痺したことがあって
一回、台湾の主演ドラマ決まっていたのがふっとんだっていうのがあるんです。
一回麻痺すると半年以上リハビリにかかるんで
寝る時もテープ貼って寝ないと目がつむれなかったり
歯を磨く時もウェーみたいな
そうゆうのでほぼまる一年ぐらい俳優やれない時があって
もうそんときは多分無理だろうなと思いました。
だから違うことをやりはじめなくちゃいけないと思ったし
また演技ができるようになったからこそ
この仕事に対して、本当に神の恵みですよ
こうやってやってることが
こうやって喋れることが、
それはもういろんなことがありがたく感じますよね
普通にできていることが。
それはまぁ、忘れられないですね

今後の目標は?

ずっと音楽を好きでやってきて
なかなか職業まで到達できていなくて
自分の実力も含めてそこはがんばって持っていきたいし
自分を興味を持ってくださってる方々とか
もう一回会いに行くみたいな形でいろんな国とか街を周ってみたい
そこは今後自分にとってのミッションですね!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
他にもいろんな記事を書いておりますので
よかったらご覧ください。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする