井上公造が解説するベッキーの不倫騒動「おすすめは文春のインタビューを受ける」キャスト

1/29 キャストで井上公造さんがベッキーの不倫騒動について語りました。

文春はいろんな情報、ネタを持っていて
小出しににしてるのが戦略なんです。

こんな情報もあります。
ベッキーが川谷さんに対してマスコミ対策を指導している

確かにこの二人を比較すると芸能界のことは
ベッキーがよく知っているからね


ホテルは地下駐車場が複数の出口につながっている
”張り込みの難所”であると。

僕に相談してくれれば、完璧に教えますよ(*^^)v

二人にとって安全な部屋を選ぶとなると大きなホテルで
一泊50000円ぐらいのホテルと言われていて
このホテルを教えた人物の名前も出ている?

音楽関係者によると
ロンブーの淳史さんが絶対撮られないホテルを教えてくれる

確かに淳史さんは詳しいのは事実だけど
こうして名前があがることで淳史くんも迷惑だったようで
本人、ツイッターで否定しています。

ベッキーに教えたことがあるのは
沖縄県宮古島のリゾートホテルだけだ

淳史さんは、ベッキーに宮古島のホテルしか教えていないけど
そのホテルを教えたということを知ってる人は少ないはずなのに
どうしてこの情報が出たのかが怖いと言っている
知ってる人は限定されますからね

実はマスコミ対策はこれ以外にもありました。

★ホテルには必ず時差で入る
★怪しい車は車種とナンバーをチェックする
★万が一取材を受けたら友達と合流する予定だったことにして
二人きりを否定する

これは僕も裏のとりようがないんですが
これが事実だったら、あの会見は何だったのか?
ということになります。

そもそもあやまる気があったのか?
これ事実、確信犯ですからね

あの会見は私たちは会見と呼んでないんです
釈明です。
質疑応答がないんだから。

週刊文春では発売日前日だったが質疑応答なしの4分30秒
しかしラインでは
友達で押し通す予定!笑

週刊文春の記事をいわゆるはやずりっていうやつで
前日に出るものをベッキーと事務所関係者は読んでいなかったと
正直思えない、ラインの段かいでは読んでないですよ
読んでいたとして、友達関係で押し通せると思ったとすれば
本人と事務所はあまりにも甘い。
これは認めるという方向で、
どう認めるのかということを考えた方がいいと思う。


週刊文春という雑誌をある程度わかっていたら
1つのネタがあった時に、
第一弾で終わらせるわけがないって考えないと素人ですよ
基本的に週刊誌ってゆうのは
何かネタをつかむとしゃぶりつくすっていう

これは法則ですよね

ベッキーはCMは10社全滅
5時の時点では関西テレビの番組と日本テレビの番組が3つ休業
テレビ東京の番組が1つ増えて、
テレビ9番組のうち5番組がすでにないという状況です。


川谷さんの方もラジオをお休みということになりました。

僕はね、この騒動やっぱ本当に、基本的にはいい子だと思うし
かばうわけじゃないけどね、彼もいい音楽を作ってきてるわけだし
やってしまったことは悪いし、奥さんも傷つけているからね
どうするべきなのかということ
単に休むだけじゃ駄目だと思います。

まずベッキーがやることは
川谷さんの奥さんに謝罪すること。
記者会見とかしなくていいですよ、
マスコミに向かって謝ることはないんですよ

会ってもらえないんなら、弁護士なりを入れて第三者を通じてでも
手紙なりを渡すとか、誠意を見せないと駄目だと思いますよ

どこかでこれが事実であったということを認めざるを得ないですね
奥様に迷惑をかけたというのが一番
CMを10社やってるという社会的責任がある
不倫だったことは認めて、言い方としては
途中で別れられなかったという自分の未熟さみたいなものを
誠心誠意伝えればわかる人はわかってくれる可能性もあると思います。

記者会見は正直、僕は聞きたいですが
今は耐えられないと思います
僕は一番おすすめしたいのは
週刊文春に依頼してインタビュー取材を受ける

敵対関係だけど、一番情報を持っている、
奥様もここい付いている
ここで敵の懐に飛び込むのが一番の解決法なんです。
文春側もベッキーから言っていくと喜んで受けます
こうゆう時ってインタビューする側って来てくれると
ちょっと優しくなりますよね

僕は雑誌のインタビューの方が本人は傷つかないで・・・
まぁキツイことは聞かれますけどね

以前書いたベッキーさんについて書いた記事です↓
よかったらお読みください。

ベッキーを「意外としたたか」上沼恵美子&美川憲一★クギズケ!1/24ゲスの極み乙女川谷との不倫騒動

ベッキー&ゲスの極み乙女川谷の不倫騒動!のりピーに続きどうなるサンミュージック★せやねん

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする