元ほっしゃん。/星田英利が騒動の真相を激白!インスタで引退宣言・・バイキング2016/12/22

 
先日、白熱ライブビビット!でほっしゃんについて取り上げた記事はこちら↓
ほっしゃん。星田英利の引退を撤回にオリラジ中田敦彦が生放送でコメント★2016/12/07白熱ライブビビット!

2016/12/22の
バイキング

12月6日の早朝に突如
インスタグラムで引退を発表し
その16時間後に投稿を削除し、
引退を撤回した

元ほっしゃん。
星田英利さんが真相を激白しました。


驚きましたけどね
お酒飲んでたんですか?

星田さん
お酒は飲んでない
尿検査しましたけど、アルコールは検出されませんでした。
(^0^))☆爆笑☆((^Q^)v
ずっと考えていたんですよ
相談してとかすると、口説かれるっていうか・・
続けろって言ってくださる皆さんばかりなんで
どこかで回路を経たないと
自分的にもやめれないかなと
夏ぐらいからいろいろ考えていて
プライベートのことも、いろんなことも
やっぱりこう、考えていたといのうはあります。

坂上忍さん
これは大前提として
今日、こうゆう状況で来てくださるのはありがたいです。
勇気あるなと思いますし。
正直、僕がこれを見た時には
引退するとしてびっくりして撤回されて・・
いやいやいや、子供じゃないんだからどうしたの?
ていう、それが正直な意見

それ、みなさんに言われることなんですよね
そこは本当に反論しようがない本当に子供。
45歳にもなってこんなことっていうのはあるんですが
やっぱり僕、性格的に友達もあんまりいないんですよ
全部自分が決めてきて奥さんにも相談してないという
なんかこう、なんですかね
思い立ってやったんじゃなしに
いろいろ考えてそれに対して周りが騒動になるということも
想像できなかった、それはやっぱり僕が幼いところ。

引退したあとにやろうとしていた
ビジョンみたいなものはあったんですか?

ビジョンていうのは、言いにくいですが
一応漠然としたのはありました。
奥さんには相談してないです。
奥さんも報道で見て、何も言ってこないですけど
ほんまにだから何か自分で突っ走ってしまった。
そんなに僕注目されていると思ってなかった。
辞めるっていうことでこんなにみなさん思ってくれると
思ってなかったんで
軽はずみといえば、軽はずみ
決めました、辞めますという報告をしたつもり

芸人さんからのメッセージ
岡村隆史
ほっしゃん。の中でいろいろ思うこともあったんやろうと思うけど
僕も新喜劇を抜ける、抜けへんてなった時に
ほっしゃんが一番話を聞いてくれた
昔から優しかった。

電話ももらって、いろいろしゃべつて
本当に素敵な世界で、
それこそ吉本だけではない皆さんも心配してくれて
裏切る形になったということが心が痛いですね
本当に心苦しかった

中田敦彦
今回、思い直して撤回してくれたということで
僕は喜んでいます。
応援していきたいなと思っています。

後輩に対して余計な心配とかかけてしまって
先輩としてもなさけないと思います
先輩の方にも余計な迷惑かけたなと思います。
たくさんお電話いただいたので
一種の不祥事やと思っています。

藤本敏史
コンビを組んでる宮川大輔から
どうにかしたいけどどうしようっていう
メールが来たんです

だから順序は逆やったんですね
電話でしゃべったら、それが相談になって
それの先があって、やったらいいんですけど
引退って言ったあとに相談した形になるから
みんなそうゆうこともあるんやなとか
自分だけじゃないなということに気づいた
自分の社交性のなさとかそうゆうとこが
ダメやと思います。27年もおって
(仲間のありがたさに)気づけてなかった
自分が情けない。

やっぱりお叱りもあるし
がんばれっていうのもあるし
先輩、後輩、同期みんないただきましたね

ダウンタウンの松本さん
正直僕に言わせたらダメですよ
こんなの甘えてますよ
やめるなんて軽々しく言っちゃだめだし
それでまたすぐに撤回するとか

坂上忍
僕はどっちかというとこうですね
ただ、松本さんがこれを言うから
その前の3人さんのコメントとのバランスがとれると思うし
松本さんがほっしゃんを責めてるわけではないし

松本さんもメールくれて
すごく思ってくれてるメールだったし

僕も順序は逆だと思いますよ
あの応援コメントというか
同業者の応援コメントが表に出ていいのか
ていうのはあるじゃない
見てる方からしたら、あったかいねとか
とかなるのかもしれないけど
それが本当にいいことなのかどうなのか

引退を決意した一番大きい理由は?

本当は言わなきゃいけないと思うんですが
いろんなことが合わさって
自分の実力であったり、家庭のことであったり
どっかで自信がなくなったっていうか
この世界にこんな感じでおったら失礼やなみたいな
昔これもっと出来ていたのにていうか
衰えって言ったら衰えで
なんかそうゆうとこを考え出したら
ここもや、ここもやというのがどんどん出て
自分が大嫌いになってきて
そんな大嫌いなやつがテレビ出て
お客様の前でとか、お金とって劇場でっていうのが
ものすごく失礼やなって思うようになってきて
ていうのも要因の一つで
あといっぱいあるんですけど
年齢的に45歳やったら、
もっと自由なことしたいなとか

テレビ拝見していて
ほっしゃんといえば芸人さんじゃないですか
ドラマの方も出るようになって
見ててドラマの方が比重が重くなってるのかなって
思ってらっしゃる方も多かったんじゃないかな
そこらへんのバランスは考えてやってたんですか?

僕、もともとドラマとかお芝居の方が好きで
そっちが売れていくのはすごい嬉しいことなんですよ
同時にお笑いの方も二つでいけばいいけど
やっぱ比重がドラマとかの方が増えた時に
なんか、自分の中でシフトっていう意識はないんですけど
やっぱバラエティでは通用しないように
なってきてるのかな、みたいなんを自覚するというか

お芝居やって、芸人の仕事をしていたら
ほっとする反面
坂上さんみたいに俳優さんやのにしゃべり達者とか見ると
うわ、オレ芸人やのに負けてるって
俺って何やねん?てなって。

薬丸さん
僕はほっしゃんの気持ちがよくわかって
我々、こうゆう社会にいると強がって誰にも言えないけど
悩みあるし、愚痴言いたくなる時もあるし
人生の中でエアポケットに入ることってあるよね
僕は何かあったときに友達に相談することはあるんだけど
同じ業界の人には絶対に相談しない。
それは愚痴になってしまうから
異業種の友達だと角度が違う意見をもらえるから
友達ってすごく大切だなと思う。
成宮くんのことでは、Aを友達に選んだから
あんなことになってしまった、友達選びって重要だと思う

わんちゃん10匹飼いなよ
オレなんかわんちゃんに人の悪口ばっかり言ってるもん
(^^)/~~~

最後までお読みいただきましてありがとうございました。


スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする