ゲイをカミングアウトした三ツ矢雄二がバイキングで!12年間の恋人と家庭に入っていた、恋人募集、これからの人生について生激白★2017/01/18

2017年1月18日のバイキング
人気声優の三ツ矢雄二さん生出演していました。
✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:₀。


三ツ矢雄二さんといえば
人気アニメ「タッチ」上杉達也の声で出演!

実は・・・
2017年1月13日(同12日深夜)放送の

『じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜』
ゲイであることを告白しました!

ぜーーーんいん!知ってます。
全員知ってます(^_^)/
知らない人がいないぐらい。

だからまぁ、
世間一般的に別にカミングアウトしてるわけじゃないのを
たまたま、
カミングアウトするためにテレビに出たわけではなくて
たまたまゲストで呼ばれて

さっきの年収話じゃないですけど
そうゆう話をしてる中で
グレーゾーングレーゾーンて言ってるんですけど
本当はゲイなんですか?ストレートなんですか?
って聞かれたから
んーーーゲイです!!って言ったの

僕としては普通のことで
軽くしゃべったことが
やっぱり世間的にはまだそれほどみんなしらなかったし
だいたいの方はもうそうなんだろうなって
わかっていたと思うんですけど

こんなにあえて、「ゲイ」という言葉を一言っただけで
反応があるとは・・・
もういろんな雑誌から取材の依頼が来たりしてるので
「えーーーー」って
僕自身が驚いちゃってる状態なんですけど(~o~)


坂上忍
ミツ矢さんはいつごろからそうゆうのを感じたんですか?

僕ね、生まれつきと思います。
生まれつき、女の子とばっかり遊んでいたの
それで、ちょっと僕、
普通の男の子と違うところがあるってのを感じていたんですよ

で、自分のスイッチが入ったのが小学校5年生の時に
一つ上の6年生の男の子にキスされたんですよ

学校の給食のぶどうぱんあげるからキスさせてくれって
ものをもらってチュウするのもなんかなと思ったんですけど
その先輩を非常に尊敬していたので
「いいですよ」って言って
チュウって、意識的に唇と唇を合わせるだけかと思ったら
その時に舌がペロッと入ったんですよ
衝撃を受けて、キスってこうなんだって

嫌じゃなかったんです。
それでその先輩はそれから毎日、
ぜんぜん違う方向に住んでるのに

僕を家まで送ってくれて帰ってったわけですよ

僕としても、すごくその先輩が好きで
その時に、
あぁ僕は男性が好きなんだなぁーってことは

うすうす感づいてはいました。

身内の人には周知の事実だったんだけど
表向きにはグレーゾーンにしてたのは
三ツ矢さんなりに理由があったんですもんね

兄がまだ会社勤めをしておりましたので、
兄のことを考えたり

うちの家族は僕とは違うパーソナリティなわけで
それぞれ周囲にいろんな人がいるわけで
僕がカミングアウトして
マスコミの媒体に乗ってしまうことでどう思うのかな
というのがちょっとあって

兄の定年までは自分で言うのは絶対やめようって決めていたので
グレーゾーンという形でごまかしていたんですけど
兄も定年になったし、僕も今62歳なんですけど
いい年になったので、そろそろ自分で好きに生きるためにも
カミングアウトしてもいいんじゃないかなって思って

今回のカミングアウトなんですけど
やっぱりまだ偏見がすごくあるので
その偏見をとっぱらいたいなっていうか
わりとしゃべってみてゲイですっていうことが
自分の口から出てくるのに非常に難しいかなと思ったら
チュルンっと、「どちらかといえばゲイです」
みたいなことが言えたので

世の中今テレビにお姉さんタレントがいっぱい出てきて変わったし
昔、NHKで髪の毛長いだけで出れなかったでしょ
時代が変わったなと思うこともあって
もっと自分のセクシュアリティに対して正直であってもいいと思うし
そうゆう人達にも勇気を持っていただければいいと思っています。

僕、20歳から32歳まで一人の男性と一緒に住んでいたんですよ
要するに、恋愛関係というか、12年間。
その彼をよく実家にも連れていってたんですけど
なんとなく「友達じゃないぞ、これは」みたいな雰囲気もあるから
家族はそれもわかっていたんじゃないかなと思って

僕は12年間その人と一緒に住んでいて
その人はお酒も飲まない真面目な人だったんで
ぜんぜん2丁目とか行って遊んでないんですよ
遊び方を知らないの
だからゲイの友達もすごく少ないんですよ
すごく少ないので今回カミングアウトすることで
お友達増えるといいなと思ってるんです

この年になってもうずっと14歳の時から今まで
レギュラーが切れたことがなくて
ようやくレギュラーが切れたので
ひとつき範囲で物事を考えられるようになったんで
僕、もう30年ぐらいニューヨークにミュージカルを
見に行ったりしてるんですけど
向こうでゲイの芝居でとってもいい芝居、
ゲイというものに問題意識を持った
とてもいい芝居がいっぱいあるんですよ
それをプロデューサーとして、小金も貯まったんで
プロデューサーとして上演するということを
これからやっていきたいなと思ってます。

彼氏は、ずっといないですね
ふあんとした、静かな人が好きかな・・と。
さりげなくいる人が好き
芸能界でいうと加瀬亮さんかな
これからプロデュースするときに友達が増えたりして
ゲイ社会に対して貢献できるといいなと思ってるし

趣味で、歌が好きだから、
ピアノ一本で昔の歌謡曲が大好きだから
それを歌ったりしたいなと思ってるんで

ようやく今年で63になるんですけど
あとは言ってみれば余生じゃないけど楽しんで、
自分の好きなことをやって生きていければいいなと思うし
それを認めてくれる社会が出来上がっているので

本当に、ゲイのみなさん
いろんな環境があって告白出来ない人が
たくさんいると思いますけど
でも自分のことを変だとか思わないで
自分は自分で状況にそくして、きちんと自分の人生を
つかんでいってもらえればいいと思います。

昼の生放送でここまで言ってくれるのは嬉しいんだけど
じゃぁ、最後に勝手に時間使っていいので
恋人募集してください

あの、恋人を一応募集しています。
あと、友達もたくさん欲しいと思ってますし
そうゆう活動をなさっているような団体があったら
そうゆう方ともコンタクトを取りたいと思っていますので
マネージャーの方に、事務所の方にも
電話番語調べていただいて、ご連絡いただけたらと思います
宜しくお願いいたします。

長くなりましたが、最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする