壽命寺/寿命寺は雨乞い竜や宝物がいっぱい!池田市西本町


醫王山(いおうざん)壽命寺(じゅみょうじ)
に行ってきました(^_^)/
聖武天皇勅願寺

開祖は行基、呉織・穴織二女神が呉から来朝した時の
海上護身仏の薬師如来を、
僧行基が二女神の宣託により本尊として開創したという。

バス通りに面した所にある普段からよく見るお寺ですが、
じっくり見たことはありませんでした。
こじんまりとしたとても気持ちのいいお寺です。

このお寺にはたくさんの宝物があるそうです。
ご本尊は阿弥陀如来で一本造りで高さ50㎝。
有名なのが雨乞い竜で、室町時代のもので長さは4メートル
雨乞いの祈祷に使われていたと言われています。

永禄2 年には僧「円誉運策」が再建し、
宗旨を真言宗から浄土宗に改宗して、
本尊を「阿弥陀仏」としました。
その後、元禄10 年(1697)にも再建された本堂が
平成7 年の阪神大震災で全壊するまで維持されてきました。
現在の堂宇は平成10 年に落慶されたものです。

池田市には龍にまつわるお話しがたくさんあります。
詳しくはブログをお読みください(*^_^*)
http://rikachanhouse.com/4708.html%E3…

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
これからも宜しくお願いいたします。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする