逸翁美術館では 小林一三没後60周年記念展を開催しています。池田市栄本町

逸翁美術館公式HPはこちら

小林一三特設サイトはこちら

逸翁美術館では
「小林一三没後60周年記念展」
を開催しています
✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:₀。


小林一三(1873〜1957)の雅号「逸翁」を冠し
昭和32(1957)年に開館しました。
逸翁が収集した美術工芸品5,500件を所蔵しています。

所蔵の美術コレクションを6つのテーマに分け、
それぞれ重要文化財等の名品を中心に、
1年間をかけて展観しています。

8月現在では「開け!絵巻」が終わったところです。

小林一三さんは、1873年に山梨県韮崎市に生まれました。
「一三」の名前は誕生日1月3日からだそうです。

↓こちら逸翁美術館内で購入したポストカードです。
こぼれ梅蒔絵棗 原羊遊斎 
2017/9/15 茶の湯道具始で本物が見れました。


19歳の時に慶應義塾を卒業、三井銀行で本店勤務の後、
大阪支店勤務に。
文学青年で小説家志望であった一三ですが、
銀行員時代の先輩達との出会いから
事業の面白さに目覚めていきました。

1907年、三井銀行を退職し、
阪急宝塚線・箕面線を創立します。

日常の暮らしの中では、
趣味の俳句や茶の湯を通じて多くの人々との交流を楽しみました。

1957年、享年84歳で没しました。

テニスで有名な松岡修造さんは

小林一三さんのひ孫に当たるそうですよ!



最後までお読みいただきましてありがとうございました。
池田市には1700年まえから伝わる「織姫伝説」があります。
わかりやすくファンタジー童話にしましたので
是非お読みください(^^)/

池田市の織姫伝説☆ファンタジー☆童話/昔話/くれはとり(呉織)あやはとり(穴織)呉服神社と伊居太神社

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする