渡良瀬橋「森高千里」足利市が感謝状を贈呈!公衆電話の秘話も

栃木県足利市の中央を流れる”渡良瀬川”は
「森高千里」が1993年に発表した
♪渡良瀬橋♪で注目を集めた。

yjimage (1)

作詞/森高千里
森高千里は熊本出身なので、栃木との縁はないが
きれいな響きの川や、橋の名前を探していて、
たまたま見つけたのが
「渡良瀬川」だった。

作詞をするにあたって、実際に足利市をあちこち見てまわったそうです。
渡良瀬橋で夕日を見ながら別れた人を思い出すバラードだが
歌詞に出てくる名称は実際に存在するものばかり。
50万枚にせまる大ヒットとなった。

yjimage

足利市で行われたライブのアンコールで
森高さんが「渡良瀬橋」を歌うと大合唱が起こり
森高さんは感極まって涙を流した。
足利市民にはとても愛されている歌です。

ちょっとせつなくて、耳に残る曲で
カラオケでもよく歌われましたね(*^_^*)

森高さんのファンが殺到し
2007年に歌碑ができました。
すごいですね(*^_^*)
yjimage (3)
s-070826-0434


ところが2012年に
歌詞に出てくる八雲神社が火事で全焼してしまう

そこで、コンサート会場に募金箱を設置したり
ファンの方が神社を直接訪れて復興を応援し、
お金が集まり、近く復興することになっている。

森高さんは2015年7月に
「あしかが輝き大使」に就任!

地元の駅の列車到着メロディー♪になった。

歌詞の中に
「床屋の角にポツンとある公衆電話」

という部分があって、この時代ですから
公衆電話を使う人はほとんどいないので

道路の拡張で撤去する話しがあったが、
ファンの方や市民が
撤去しないでくれ、ということで
撤去しなくなった。
この公衆電話は今も存在する。

渡良瀬橋歌詞
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=37196

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする