奈良ホテルで高級サンドイッチを食べる/奈良・斑鳩1dayチケットで日帰り一人旅①

2019年4月、奈良へ日帰り一人旅に行ってきました 😀 

奈良・斑鳩1dayチケットというお得な乗車券が発売されていて
池田では阪急石橋駅でそれが買えるということでしたので
まずはチケットを購入♪石橋駅の人は親切に使い方を教えてくれました。
「チケットの取り忘れに気をつけていってらっしゃいませ!」
という優しい言葉をいただき、いざ奈良へ向かいます♪

阪急沿線からは2060円で阪急全線・大阪地下鉄と
指定区間の近鉄電車・奈良交通バスが1日乗り放題になります。
あと、いろいろ入場料とかも割引になったりもします 😛 わくわく!

司馬遼太郎さんの「大阪侍」を読んだり景色を見たりしていたら
あっという間に近鉄奈良駅に到着!

駅内で東大寺への矢印を見ながら地上へ上がると↓こんな感じ
商店街の入り口に案内がありました(#^_^#)
本当の目的は東大寺の大仏なんです。

商店街が大好きなんです(#^_^#)その土地のことがよくわかります
知らない街へ行くと必ず商店街を探して歩いてみます♪

この商店街には柿の葉寿司屋さんや、お饅頭屋さんが多く並んでいました。
あと、奈良漬屋さんもありました(^^)


100均で鹿の角カチューシャが売られていました!
これつけて写真とると可愛いですね(^_-)奈良ならではです!


商店街を抜けて、高速餅つきを見てたら(たまたまやってた)
「あ、そうだ!友達が奈良ホテルを絶賛してたな」と思い出して
お腹も空いたことだし、奈良ホテルでランチをしようと思い立ち
グーグル先生に聞いたら割とすぐ近くだったので行ってみた(^^)/
奈良ひろびろ~でかい!



↑こんな感じで広大な公園を眺めながら奈良ホテルまで歩きました。
小さく鹿が見えて、奈良に来たんだなと嬉しくなりました(#^_^#)
わーい!足取り軽くすすみます!


さて、奈良ホテルの入り口に到着、ほぉー・・・
先がどうなっとるんかわからんっ、入ってええのんかな(@_@)


お庭にはたくさんの木々があって、いろんなお花が咲いています✿
そして駐車場には高級車がズラリ


こ、これは!!格式高いすごい建物です。

クラシックホテル、関西の迎賓館と言われているこの奈良ホテル
建築はあの、東京駅を手掛けた建築家 辰野金吾氏だそうです。
えぇ!!もしや池田市の旧加島銀行を建築した人と同じではないですか!

和風の建物で、ホテルというより高級旅館な感じ

お寺のようにも見えます。
わぁーどえらいとこに来たなぁー(~o~)

なんか、高貴な空気が流れる中、
麦わら帽子に赤いリュックの私は場違いさを感じ少々おじけづく・・

2009年に創業100周年を迎えたそうです。
ということで今110周年で110にちなんだ様々な企画をされています。

とりあえず左側から入ってみたが、どこに何があるのか分からず・・・
日本料理のお店を発見するがあまりの高さにたじろぐ。
ランチで5000円ぐらいする、記念に食べてもいいかなと思いながらも

トイレに入ってみよう、そうだトイレだ(・_・)

きれいなトイレから出て売店を発見!
ここも何もかもがすごくて高いものばかりが並んでいた。
さすが奈良ホテルだなぁ、いいものばかり置いてあるなぁ
でもメモとか、あぶらとりしとか、買いやすいものもあった。

売店を出て少し行くと、フロント前に出た
光がたくさん入ってキラキラしてて

長い歴史がすごく重厚な空気を作っている、暖炉もある(*_*)

そこに、ティーラウンジを見つけた(#^_^#)
←ティーラウンジ        →桜の間


入り口のところのメニューをパラパラッと見ると
サンドイッチがあった(^^)・・・・が 😯 
そのお値段はなんと!1700円!!
たぶんこの奈良ホテルでお食事できる最安値の食べ物かと思われる

ほぉ~・・・そうきたか(*_*)
そして紅茶は1000円ぐらいから

紅茶とサンドイッチで3000円もするのか、ほぉー・・・
入り口でしばしメニューをめくる私を
店員さんが暖かい眼差しで見ている
すぐに声をかけてこないとこが上品だわ

ここまで来たしなぁ、そうよそうよ←私に甘い私の中の声
1700円のサンドイッチを食べたことは話のネタになるしな
私は一歩を踏み出したのである(#^_^#)

↓お席はこんな感じ、眺めは悪くないけど、そんなによくもない・・
と私は思いましたが、四季折々にいろんな景色が楽しめるそうです。
後で知りましたが、鹿がやってくることもあるとのこと。

お店の中は広々した感じでもないですが、椅子は大きくて座りやすいです。
この日は月曜日なのにけっこう人が多かったです。

ミックスサンドイッチと紅茶を注文。
紅茶はロンネフェルトのもの。
種類はいろいろあったので、お店の人に聞いて決めた。
親切にいろいろと説明していただきました(^^)


綺麗なポットとカップ、砂時計は水時計でこれもカップの色と同じブルー
すごく上品で清楚、大人っぽい感じですね
ステキだなぁ、来てよかったなぁ、としばし見とれる・・・はぁ(ため息)

ロンネフェルト社の紅茶、池田ではルパートさんで飲めるよ
↓これは何ていう紅茶だったか、覚えてない~(~o~)


さぁ!サンドイッチが登場しました(^^)!じゃじゃーん!!
かなり量が多く、ボリュームありますよ
女子なら二人で食べてもいい感じじゃないですか

お味は上品ですが、めちゃくちゃ美味しいって感じでもなかったです。
あ、美味しいのですよ、でも普通って感じかな。うん。
4人ぐらいでお茶してて、ちょっとつまみたいね、
みたいな感じだと良い感じですね
トマト&きゅうり、ローストビーフ、ハムの三種類でした。


奈良ホテルのティーラウンジで優雅に一人ランチできたというのは
一生の思い出になる、豊かな経験でした。

これから先、テレビとかで「奈良ホテル」と聞くと、
私の脳裏にはサンドイッチや
あの綺麗なカップが思い浮かぶことでしょう。

ラインで女友達に写真を送りつけて自慢することも忘れません(^^)/

食事を終えて、ティーラウンジを出たらあら不思議 😯 
さっきまで、おどおどしながらホテル内を歩いていたのに
ちょっとお茶しただけで、お客様気分に変身している
桜の間にあるソファにも堂々と腰掛けてくつろぐことができた(^^)

ティーラウンジ横の「桜の間」はクラシックでしぶい!

明治、大正の雰囲気がそのまま残っています。

平成天皇のご即位を祝して作られた「平成の大時計」

綺麗な音が鳴っていました。

アインシュタインが弾いたピアノ
1922年12月に宿泊したそうです


ホテル内の廊下にはいろいろと展示されていて
まるで博物館のようです、見て歩くだけでも楽しい♪
他の方が奈良ホテルについて書いたブログを見ると
ホテルのロビーなど自由に見て回れるそうです。
ホテルだからそれはそうなんだと思いますが
なんとなく、フラッと入れるような雰囲気ではないのでドキドキしましたが
見学は大丈夫のようです。
「ここから先は宿泊の方以外はご遠慮ください」みたいなことが
書いてありましたので、あかんとこに入らないように注意しましょう(^_-)



奈良ホテルは目的地ではなく、ちょっと寄ってみた感じでしたが
素晴らしいホテルで宿泊もしてみたいなぁと思いました。
誰か奈良ホテルで結婚式しないかなぁ✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:₀。

さて、このあと春日大社と東大寺に行きました。
また後日その様子を書きますので宜しくお願いいたします。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

↓続き
春日大社は燈籠と鹿だらけ!世界遺産/奈良・斑鳩1dayチケットで日帰り一人旅②

 

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする