松山千春「NHKのど自慢」に初生出演!35年以上のファンなんです私。

何を隠そう私は35年以上の松山千春ファンなんですね
中学の時から愛用の机にはこんなステッカーが張ったまま
色あせています・・・
P1550240中学の時が特に好きで
下敷きに「平凡」や「明星」で切りぬいた、ちぃ様の写真を入れていました。
そうなんです、松山千春は「ちぃ様」と呼ばれていたんです。
それこそ、アイドルだったんです。
オールナイト日本はテスト勉強しながら必死で聞きましたし
ちぃ様が書いた本「足寄より」も何回も読み
どこに行くにも持って歩くほどだった。

好きすぎて、中学の時に北海道の足寄町まで行きました。
P1550255
P1550252
小樽のおばさんちに泊めてもらって、小樽から夜行列車で一晩かけて行きましたね
とても寒い時だったんです。
途中乗り換えの駅で早朝です。
駅の待合室でだるまストーブ囲んでみんな待ってるんですよね
あー・・ちぃ様もここでこんな風に電車を待ったことがあるのかもしれない
そう思うだけで、もう涙が出そうになるのですよ

♪深く耳をすませば、朝一番の汽笛♪
そんな歌詞が脳裏を行ったりきたり
なんか、シンシンと雪が降る中、だるまストーブのゆげが暖かくて
何もしゃべらずにうつむき加減の人々・・・
あーこれが北海道の駅だーみたいな。

ちぃ様のおうちはすぐにわかりましたね
P1550253
ちぃ様の大きな写真が家の屋根に3枚ぐらいかかっていましたね。
お家にはお父様と甥のひかりちゃんがいまして
ひかりちゃんといっぱい遊びました。
P1550254
まぁ、このひかりちゃんがわがままで、自分の思うようにならないと
私の手を本気で噛むんですよ
お父様は、かなり写真慣れされてまして、
快く応じてくださり、肩に手をまわしてくださいました。

ちい様が結婚してしまって、ゴソッとファンが減ったのですよね
みんな自分がもしかしたらちぃ様と結婚できるかもしれない!
なんてことをもしかしたら胸に抱いていたのでしょうか
それとも、私のものにならなくてもいいから、誰かのものにもならないでー
みんなのちぃ様でいてーみたいな願望なんでしょうかね

もしかして、どこかでバッタリちぃ様に出会って
恋に落ちる・・・なんてことがこの世の中起る可能性が0じゃないわよ
そんな奇跡がこの私に起ってもいいじゃないかと
1秒ぐらいはみんな想像したはず。

そんなこんなで
私もだんだんちぃ様への恋心は薄れていき、
自分の仕事、恋愛に明け暮れていたんですね

そして本当に久しぶりにラジオからちぃ様の声を聞いた時に・・

車の中でたまたまだったんですよ
あれ?なんか懐かしい声。

なんか、すごい変な表現なんですが
昔に自然消滅で別れた、元彼に久しぶり会ったみたいな心境になったんです。
わぁー懐かしい^^元気だったー?そんな感じです。

それ以来、時々CDを聞いたり、出演する番組をチェックしたりね
ゆるぅぃファンをやってるわけですが

今朝、新聞のテレビ欄をチェックしていて
目が釘付けになりました!

いやいや、びっくりしましたやんか
もぉー鼻血が出そうでした。
今朝は9時からさだまさしもテレビに出てくれるし
いい1日になりそう!

「NHKのど自慢」に生出演
今回は北海道浦河町から生放送です。

P1550241



今年還暦を迎えるちぃ様
ピンクのストールがすごく似合っていて
花柄のパンツがなかなかのちぃ様でした。

北海道なので、こんぶが紹介された時
「おれは今さら食べても遅いねー」みたいな相変わらずよくしゃべります。
ほんと、ずっと見てる人だから
友達がテレビに出てるのを見守ってるみたいな心境になってくるわけですね。

いろいろネットですでにリアルタイムとかで話題になってますが
私は「君のために作った歌」を歌った人が一番よかったですね
その人が、男の人なんですけどね
とてもやさしそうで、暖かそうな人なんですよ
声は少しちぃ様と似ていましたね
じーーーーんとくる歌声で、一生懸命歌うその姿に
涙が出てきました。
歌い終わった時に、ちぃ様が登場して
「自分も聞いてて初心に戻った、すごくよかった」と感激していました。
私もテレビの前で、゚.+:。(‘-‘*)(,_,*)(‘-‘*)(,_,*)゚.+:。 ウンウン

ちぃ様はまゆげは黒くて、おひげは白でした。
毛って、部分的に白髪になるもんなんだぁーと変に感心
まゆげだけ染めているのかな

出場者が歌ってる時に
時々チラッとちぃ様が映るんですよね
そうすると、一般出場者の人と、普通にしゃべったりしてて
けっこう楽しそうなんですよ
みなさんの歌を聞いてる時も目を細めて
嬉しそうに聞いていました。

最後は「生きている」をギター生演奏で熱唱されておわり
なんか楽しい時間だったなぁー

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする