ビッグハープは池田市と川西市に架かる橋/阪神高速の新猪名川大橋

1994年に着工し、1998年に開通しました(^_^)/

池田市と川西市に架かるこの新猪名川大橋は、池田と川西の青年会議所が公募した名前の中から、佇む姿がハープに似てるということで選ばれ
ビッグハープと名付けられました。

景観や心理的に自然な安定感を与え、耐震性にも優れた逆Y字形RC構造を採用しているそうです。
五月山の展望台からの姿も圧巻ですよ(^^)/


このビックハープはコンクリート橋の斜張橋では国内でなんと最大!

全体の長さ400メートルを支える主塔は高さ90メートルもあり
主塔から伸びた56本のケーブルが全体を吊り上げるようになっています。

阪神高速が木部まで伸びて11号池田線となり猪名川を渡すようにこの橋が建設されました。
この池田線がない時はこの辺りは毎朝渋滞し私もその渋滞の中にいました。
この木部入り口が開通してからはかなり車がスムーズに流れるようになりました。
この間の大阪サミットの時に豊中までしか行けなかった時には不便だなぁと思いましたが、もうあるのがあたり前になってますね(^^)/

大阪市内から能勢や妙見山などにお出かけも本当に近くなりました。
猪名川の河川敷は綺麗に整備されて、グラウンドや公園があったり
お散歩やジョギングが快適にできる遊歩道が果てしなく続いています。

暴風壁には龍のウロコモチーフが施されています。
川西市の九頭龍伝説にちなんでのものかと思います。

以前、猪名川沿いを神田まで散策した時のことを記事に書いているのでよろしければご覧ください。
最後までお読みいただきましてありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする