池田郷土史学会の会員に昨年からなりました(^^)

昨年に入会した池田郷土史学会について書いてみようと思います(^_^)/

池田郷土史学会は「池田史談会」として大正3年に発足した伝統ある会で
稲束芝馬太郎氏が最初の会長を勤め、林田安平氏らによって創設されました。

太平洋戦争の時に一時中断されていましたが昭和27年に再興されました。
会長は当時の池田市長であった武田義三氏、名誉顧問が小林一三氏で
昭和27年5月25日第1回例会は大広寺で「牡丹花肖柏について」でした。

また創立の席で林田氏が池田郷土史学会の第一の事業に池田市史編纂を提議して全員一致で可決しました。

編集の過程で郷土史家と大学の研究者の間で軋轢が生じて郷土史家らが編纂委員を辞退したこともあったそうです。

私がこの郷土史学会を知ったのは、ブログで「池田城物語」を書いていた時に
ネットでいろいろ調べていてところ
「摂津池田家の政治体制を見る(発展から滅亡までと荒木村重の台頭)」と題して
研究発表が行われることから興味を持ちました。
以前から師匠の中岡さんになんとなく話は聞いてはいたんですが
ハッキリと意識したのはこの時からでした。
こちら池田城物語です↓
池田城物語①池田氏のはじまり

でも、なんとなくハードルが高いなと感じたり
会員じゃなくても行っていいのかなとかいろいろ思って
この時は行かず、後になってから初参加をさせていただき
二回目に会員になりました。(会員じゃない人は無料で参加できます)
↓初参加した時に書いたブログはこちら
池田郷土史学会に初参加しました!

郷土史学会の会員になるには会費を払えばいいだけでどなたでも入会できます。
入会案内はこちらをご覧ください。

私が入会しようと思ったのは中岡さんが会員だったので一緒に勉強できると思ったのと、このブログを書くにあたり、情報収集や勉強になると思ったからです。
郷土史会の現会長が中学2年の時の恩師だったからというのもあります。
今では少しづつ郷土史学会のお手伝いもさせていただくようになり
女性会員さんとも仲良くしていただいて入会してよかったと思っています(^_^)/

例会(勉強会)は毎月1回あって、先生をお招きしたり
会員さんの研究発表がされたりテーマも様々で、バスで見学ツアー等もあります。

これから出来れば若い年齢層の方にもご参加いただければいいなと思います。
興味のある内容の時だけ参加でも大丈夫なので、是非一緒にお勉強しましょう♫

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする