池田に熊のお墓がある!弘誓寺/池田市綾羽

綾羽のあたりは旧大西垣内町です(^_^)/
この辺りは寺院が多く、酒蔵もあってお散歩するには楽しめるところです。

その中でも大西山弘誓寺(ぐぜいじ)は山門と鐘楼が合体している変わったつくりになっています。
※弘誓寺の開祖が大西という姓の僧だった


ここの境内にはものすごく古い墓地があるのですが
持ち主?がわからなくなっているようなお墓もあり
その中に「熊の墓」があって「身代わりの熊塚」と言い伝えらえています。


1853年の冬のこと、この年はペリー艦隊が浦賀に来航した年ですが
どうしたことか、いっぴきの小熊が川西方面から巡礼橋を渡り
ふらふらと西本町に
迷い込んで、どえらい大騒ぎになりました。

可愛そうなことに追い立てられた小熊はやがて
醤油を作る「雑喉屋太兵衛」の蔵に逃げ込み
あわや鉄砲で撃ち殺されるところでしたが、心の優しい太兵衛は檻に入れて7年程も飼いました。

ところが太兵衛は大病にかかってしまいます。
だんだんと命も危うくなった頃に

熊も病気にかかって弱り、まもなく死んでしまいました。

その後、不思議なことに太兵衛の病状は日増しに良くなり
全快することができたそうです。
これは熊が恩返しのため身代わりに死んだのではないかと思い
境内墓地に熊の墓を立てたそうです。

今でも「池田昔ばなし」として語り継がれています。

他の文献では、捕らえて飼おうとしたが死んだので葬むったとされているものもあります。
↓こちらが今もある熊塚です。



この熊の話は「神火を飛ばした男たち」の中でも出てきます(*^-^*)
五月山から降りてきたのかと思っていたら、どうやら川西方面からやってきた小熊だったようです。

弘誓寺は池田駅から歩いて10分かからないくらいです。
池田市綾羽1-4-10

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする