池田市「めんも坂」と「牛追坂」/めん茂楼/シーボルト/明治の恋/細原茂雄/細原はな

大阪府池田市は池田城があり
城下町として大変栄えた地です。

池田炭、日本酒、和菓子など何代も続くお店がたくさんあり
また牡丹花肖柏や呉春、小林一三などの文化人が集まりました。

お寺や神社も数多く、歴史を垣間見る史跡も多くあります。

街のあちこちに観光案内の看板が出ていますので
街歩きの参考になります。
是非ぶらりと池田を歩いてみてください(^^)/~~~




さて、今回取り上げるのは
「めんも坂」「牛追坂」です。
どちらも池田市建石町にあります。

青線が「めんも坂」赤線が「牛追坂」
緑のところが階段になっていたそうです
馬車や牛車を行きやすくするために「牛追坂」が作られたそうで
今も多くの人が日常に近道として使っています。

めんも坂
赤い車が停まってる鳥居のところは「星の宮」で
伊居太神社のお旅所です。
七つの星や織姫伝説もあります。
1600年前から池田に伝わる織姫伝説を
ファンタジー童話にしておりますのでどうぞお読みください。
池田市の織姫伝説☆ファンタジー☆童話/昔話/くれはとり(呉織)あやはとり(穴織)呉服神社と伊居太神社


そしてこちらが牛追坂です
法園寺が見えて、なかなかのいい風情です。
この法園寺についても記事を書いておりますので
是非ぜひ♪お読みください(*^-^*)
池田市建石の法園寺/竹原山・玉蓮院/浄土宗 知恩院末寺/大阪府池田市お寺巡り

さて、めんも坂には語るも涙のお話しがあります。
ここに明治9年創業の【めんも楼】という格式高い料理屋さんがあり
洋食を出すことでも有名で、結婚披露宴なども行われていたようです。
今の池田文庫がある場所にあったとされています。

こちら、めんも楼のチラシと思われます。

そこに長崎で知られるドイツ人シーボルトの次男が通い
このめんも楼の娘のはなさんを見初め、国際結婚をしたそうです。

大阪府知事の建野郷三の媒酌ではなさん20歳の時でした。

女の子を授かりましたが不幸にも早くに亡くしてしまい・・・

やがてシーボルトも帰国を命じられて離ればなれになります。

はなさんは親と旦那さんの愛の間でかなり苦しんだそうですが
両親の願いを受け入れて辛い別れの道を選びました。

その後二度と会うことはなくシーボルトは病気で亡くなり
はなは別れて32年目の昭和3年、63歳の時に大廣寺に帰依し
夫のために大乗妙典を写経しそれを地中に埋めて
立派な七重の塔(宝篋印塔)を建て72歳で他界、
今は塔によりそうように眠っているそうです。
ずっとシーボルトさんを思い続けたはなさん
どんな思いだったのか想像するに心が痛みます。


最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする