正國寺は大根屋小右衛門の碑がある浄土真宗本願寺派の寺/大阪府池田市天神

OLの頃、まいにち正國寺の前を歩いて石橋駅に行っていたので
お寺があるなと思ってはいたんですが、当時は関心が薄く・・・
今回初めてお参りすることができました。

阪急石橋駅から徒歩6~7分
西口を出てまっすぐ、突き当たりを右に折れて橋を渡り
川沿いに細い道を歩きます。

見た感じ新しいお寺ですが、
開基は1644年、僧「教西」によって開かれました。
1644年といえば、「がんがら火」が五月山に掲げられた年で
360年ほど前になります。
がんがら火についても書いておりますのでどうぞお読みください↓
池田市に伝わるがんがら火祭り「愛宕火」は造り酒屋の苦しい経営から始まった!

梅谷山 正國寺
浄土真宗 本願寺派(西)
天神2-4-13
ご本尊は阿弥陀如来、両脇に親鸞聖人と蓮如上人の絵像が安置

現在の本堂は老朽化のため昭和50年に再建されました。
ちょっと大きい普通のお家みたいな雰囲気があります。

お寺の外壁に、素敵な言葉があります。
これはずっと前からありました。

お庭には古そうな瓦のようなものがありました。
再建前の本堂の一部でしょうか・・・

あと、目を惹く大きな石碑があり「知白翁墓」と刻まれています。
これはこの地で生まれ、浄土真宗の門徒であった
「大根屋小右衛門」に由来するものです。
石田小右衛門いう人物で天満・天神橋北詰にあった「大根屋」という
寒天の仕入問屋に婿入りし家業を成功させて巨万の富を築いたそうです。
そしてその経営手腕をかわれて「勘者」という
財政コンサルタントに抜擢されました。

主に岸和田藩、麻田藩、西本願寺の改革の功績があります。
1860年に亡くなり、没後3年目の1863年に建てられました。
小右衛門のお墓は京都東山区大谷本廟にあります。

大根屋小右衛門について詳しくはこちら↓
北摂池田の郷土研究 中岡嘉弘さん

ここで江戸時代には寺小屋が行われ
現在の北豊島小学校の前身です。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。
ツイッター・フェイスブックもしています(*^-^*)

どうぞ宜しくお願いいたします。
*・゚゚・*:.。..。.:*゚:*:✼✿(ღ✪v✪)。゚:*:✼.。✿.。キラキラ♥

★いけだよりツイッター

★いけだよりフェイスブック

★大阪池田市の輪 

大阪池田市の輪は毎日たくさんの情報が更新されています。
ぜひご参加ください(^^)/

池田市には1600年前から伝わる織姫伝説があります。
わかりやすくファンタジー童話にしましたので是非お読み下さい。↓
池田市の織姫伝説☆ファンタジー☆童話/昔話/くれはとり(呉織)あやはとり(穴織)呉服神社と伊居太神社

Bye-Bye!!’゚☆。.:*:゚★゚’*ヽ(⌒ー⌒)ノ:*’゚★゚’:*.::’゚☆。 マタネッ

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする