猪名川の人取り岩と貸しボート屋(中橋ー絹延橋)大阪府池田市

猪名川の絹延橋あたりの川の中に大きな岩があって
「人取り岩」と呼ばれているのですが
(人喰い岩とも呼ばれたそうです)
なぜそう呼ばれるかというと、人の顔や姿をしてるわけではなく
昔、洪水があった時に流された人が土左衛門 😯 となって、
よくこの岩にひっかかっていたので、
このように呼ばれており、
別にお助け岩というのもあったそうです。


昭和58年に記された「がんがら新聞」中島先生の記事によると
この岩は昭和26年のルース台風か昭和28年の台風13号の
どちらかで横倒しになって水没したとされています。

しかし他の方が最近書かれたブログ等には横倒しになって水没したであろう岩が見えている写真が掲載されています。
川が浅くなったから、水没した岩が見えているのでしょうね 💡 

調べてみると河川改修工事がされる時に住民とこの岩の現状維持を約束していましたが、業者へ伝わっておらず巨大な削岩機でかなり削られてしまって小さくなってしまったようです。
実際に見に行って探してみたのですがわからなかったのでまた見つけたら写真を掲載します 🙂 

さてこの絹延橋から中橋の間ぐらいにいつ頃からかわかりませんが
貸しボート屋さんが二件ありました。
昭和初期の地図で見てみると記載がありました。



1時間5銭で、小学生が一人で行っても貸してくれたそうです。
中橋から絹延橋までがボートで行ける範囲で、当時は今より水深が深く水も川幅いっぱいにあって、広い範囲を漕ぎ回ることができました。
人取り岩にボートをこぎ寄せて岩を眺めたりもしたそうですが
なんとなく不気味に思えたと記述があります。


この辺りにお住まいの方に聞きましたら、
昭和30年代にはこの貸しボート屋がまだあったそうです。

夜も、舟の後方に提灯をつけて貸しボートの営業がされていて
ボートは木造で5~7m位あったとか。
いつどのようにしてボート屋さんがなくなったのかは
詳しいことがわかりません。

↓こちらは現在の中橋のあたりです。
だいぶ浅いのでボートを漕いで回れるような雰囲気ではありません(*_*)
でもビッグハープが綺麗に見えて雰囲気よく、夕方はお散歩する方が多いです♪


最後までお読み頂きましてありがとうございました( ・◡・ )♫•*¨*•.¸¸♪

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする