MRIがん検査が身近になる!癌の早期発見・治療!京都大学とキャノンが開発!

がん治療の研究は日々進化していると言われていますが
発見する方でも新しい技術がどんどん出来ています。
(ノ゚∀゚)ノ.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆


MRIのがん検査が身近になる!
装置の価格が十分の一になったら、診断費用が安くなる!
導入する病院も増える!
安い値段でたくさんの人が受けることができるようになる!


これを開発しているのが京都大学とキャノンです。
高額ながんの主力検査装置の価格を
従来の1割程度に抑えられる
技術を開発した。

1台5億~10億するMRIが対象で
導入病院の拡大や診断費用の低下が見込める。

小型化でき、企業の定期検診でも使いやすくなる。

京セラは人の呼気から検知するセンサーを開発する。
がんの検査の手軽な受信が可能になり
日本で年約100万人が新たにかかる
がんの早期発見・治療につながる。



キャノン自体はMRIを手掛けておらず
開発技術は他の医療機器メーカーなどに供与するとみられる。
早ければ5年以内の製品化をめざす。

MRIの低価格化で利用者には3つの利点が見込まれる
装置の導入地域の主要病院から小規模病院にも広がり
会社の定期検診などへの採用で検査機会が増える。
診療報酬の低下が見込まれ費用負担が軽くなる。
MRIはエックス線を使うコンピューター断層撮影装置(CT)と異なり
医療被曝も避けられる。

これから10年をめどにがんが早く発見され
治るというふうに変わっていくかもしれない・・・

がん免疫療法に小野薬品工業のオプジーボ!余命半年の悪性黒色腫メラノーマと肺がんが消えた

森林浴でナチュラルキラー細胞を活性化させる!森林セラピーでがん予防と免疫力を高める

免疫力を高める食材!「ベストイレブン」医者いらずでがん予防!抗酸化作用でアンチエイジング☆週刊新潮

「C型肝炎ウイルス」画期的治療法,肝臓癌の予防に新薬「ハーボニー」★世界一受けたい授業1/9

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする