弘誓寺は鐘楼と山門が合体されてる珍しい建物/熊の墓/浄土真宗本願寺派/大阪府池田市

大西山 弘誓寺 浄土真宗本願寺派
池田市綾羽1-4-10
山門の上に鐘楼がある珍しい建築のお寺です

阪急池田駅から徒歩10分ほどで近所には由緒あるお寺や造り酒屋があり
ゆるりとしていて散策には楽しく歴史と文化のある地域です。

この辺りは昔、大西垣内町と呼ばれていたそうです。
北側、出雲大社池田大教会の場所に家老「大西与一右衞門」屋敷がありました。

開祖は500年前の1509年、僧の道空と伝えられています。
道空は第五代池田城主「池田充正」の一族で家老「大西与一右衞門」の家系の人です。僧門に入り、本願寺九世「実如上人」の実弟となり弘誓寺を創立しました。


山楼と山門が合体した建物は1609建立記録の木版が残されています。



弘誓は経典の中にある言葉で「仏・菩薩が弘く衆生を済度する」という
強い意志を表しています。
修行者である菩薩がみずから悟りを開き生きとし生けるものを救済しようとする決意誓いを立てること




このお寺で知られているのは

狩野派「勝部如来春斉」の襖絵八面「松風に孔雀・松桜に孔雀」です。
1770年頃の晩年の作で池田市重要文化財に指定されています。
11月3日文化の日に公開されます。


襖絵のほかには
石山本願寺の合戦の時、弘誓寺が戦費を献じた顕如からの礼状や元禄時代の版木などが残されています。

お参りしていたら優しそうな住職さんが声をかけてくれました。
「いらっしゃい、中も見る?」
なんか申し訳なくて、「大丈夫です」と言ってしまいましたが
見せてもらったらよかったなぁとちょっと後悔・・・・



ご本尊は「阿弥陀如来立像」で元和時代のものです。
脇には「親鸞」「蓮如」の画像があります。


「巡回講」
200年以上続けられ、現在も続く「講」があります。
旧池田10ケ寺の住職が順に当番となって毎月1回宗派を超えて食事を共にして親睦・情報の交換を催しておられます。

墓地には酒造家「清水屋」の菩提寺として歴代の墓石があります。

そしてなんと!「熊の墓」があって「身代わりの熊塚」と言い伝えらえています。
1853年の冬、いっぴきの小熊が山から西本町に
迷い込んで大騒ぎになりました。
追い立てられた小熊は醤油を作る「雑喉屋太兵衛」の蔵に逃げ込み
あわや鉄砲で撃ち殺されるところでしたが
心の優しい太兵衛は檻に入れて7年程も飼いました
ところが太兵衛は大病にかかり命も危うい時
熊も病んでまもなく死んでしまいました。
その後不思議なことに太兵衛の病状は日増しに良くなり
全快することができたそうです。
これは熊が恩返しのため身代わりに死んだの思い
境内墓地に熊の墓を立てたそうです。
今でも「池田昔ばなし」として語り継がれています。

すぐ近くには吉田酒造さんがあります。


最後までごらんいただきましてありがとうございました♬☻☻♫•*¨*•.¸

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする