東小雪&増原裕子が渋谷区で同性カップルの申請第一号!結婚に相当する関係

東京都渋谷区で28日、全国で初めて同性カップルを
「結婚に相当する関係」のパートナーとして認める条例を施行し
パートナーであることを示す証明書の申請受け付けが始まった。
yjimage (6)


2013年、東京ディズニーワールドで
結婚式を挙げた女性同士のカップル。

区内で共に暮らす東小雪さん(30)と増原裕子さん(37)は、
午前8時30分の開庁と同時に第1号の申請を行った。

受け付けは婚姻届を出すのと同じ窓口で受け付けている。
人目が気になるカップルには仕切りで区切られたスペースも用意されている。

「この日を待ち望んでいた。全国で同様の取り組みが広がってほしい

実際に、本物(証明書)を2人で手に取ったら、それはコピーをして、
きちんと持ち歩きたいと思っているんですね」

と二人は話した。

二人の出会いは・・・
2011年春のLGBTのシンポジウムが出会い。
そのとき増原さんがスタッフで、小雪さんがトークイベントのゲストでした。
yjimage (5)

発行対象者は渋谷区に住む20歳以上のカップル
同条例は、不動産業者や病院などに、
証明書を持つカップルを夫婦と同等に扱うよう求めている。
法的な拘束力はないが、業者が著しい人権侵害をした場合には、
業者名を公表できる。
実際に証明書が交付されるのは11月5日以降となる。

日本のLGBT当事者は7.6%に上るという。
LGBTとは・・・性的少数派を肯定的に指す言葉。


東小雪さん
1985年生まれ 石川県出身
第91期生として宝塚歌劇団に入団
男役/あうら真輝として活躍

2010年秋、本名の東小雪を使用してLGBT支援活動を開始。
レズビアンであることを公表。


増原 裕子さん
1977年生まれ 神奈川県出身
慶應義塾大学大学院フランス文学修士課程修了。
株式会社トロワ・クルール代表取締役。
オープンなレズビアンとしてパートナーの東小雪と共に
様々なLGBT支援活動を行う。


最後までお読みいただきましてありがとうございました。
他にもいろいろな記事を書いておりますので
よろしかったらご覧ください。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする