やくみつるが語る「北の湖秘話」人生最大の後悔とは?ミヤネ屋

ミヤネ屋でやくみつるが、北の湖さんについて語りました 人生最大の後悔とは?・・・・ 名古屋場所後に新横綱の土俵入りを明治神宮で初披露された時に 当時、高校1年だったやくみつるが 「これは大変な時代が来る!!」と思って 朝、公共交通機関がまだ動いてなかったので 2時間ぐらい歩いて明治神宮まで行ったら まだ誰も並んでなかった(*^^)v 一番乗りでお客さんが「あれ?」と思うぐらい誰もいなかった。 なので、これはベストポジションに陣取ろうと思って カメラマン席のロープが張ってあるような場所の真横に陣取った! 一番いいアングルですから・・・ おかげで、北の湖の後ろに写り込んでいる少年たちいますよね 本来はあそこにいるはずだったのに∑( ̄□ ̄;) AS20151121000314_comm そこにいたという証拠になるのに・・・ カメラマン席の方にいたから、写真に写らなくて もし写っていたらすごい記念の写真になるのに それがすごく悔やまれます・・・・( ̄□ ̄;) 北の湖は重しでしたからね これからも定年まで、定年後も重しとして 存在していただかないといけない。 何かって時に ぐっとたずなを締めたりできる人がいませんのでね これぐらい強い日本人横綱が早く出てほしいですが それがいつになるか、と思います。 この記事はミヤネ屋を参考に書きました み 本当に急なことでテレビでもラジオでも北の湖がどんなに人格者だったか というのを言っていますね。 日本人の強い横綱が早く出てきてほしいです。 最後までお読みいただきましてありがとうございました。
スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする