托卵女子に恐怖!上沼・高田のクギズケで大沢樹生と喜多嶋舞のDNA鑑定問題中に・・

上沼・高田のクギズケ! 大沢樹生と喜多嶋舞のDNA鑑定について報道しておりました中で 「托卵女子」という言葉で飛び出し、 恐怖に凍りつきましたl||li(ФДФ;)il||li く イギリスの大学が54年間かけて調べた調査で 25人に一人の父親は、 自分以外の子供を育てているということがわかった。 パーセンテージは4% 大企業だと、大きな1つのフロアーにいる男の人の中で 一人か二人ぐらいは、自分の子供じゃない子を 知らずに育てているということになる・・・ 「托卵女子」というのが急増中!その正体とは? イケメンとか、すごい運動能力の高い旦那とかと 結婚できる女性はほんの一握り。 だいたいの女性は普通の男性と結婚する。 子供に夢を託したいけど、旦那が普通の旦那だったら 子供も普通なわけで・・・ そうゆう時に、血液型だけ調べて 同じ血液型のすごいスポーツ選手とかと不倫をする そして、DNAをもらい出産し、 旦那の子供という前提のもとで子供を育てる この托卵というのは、脳科学的にも照明されており どうやら人類は1万年前からそうゆうことをやっていた。 女性は月に一回卵巣から卵子が出てくる 排卵の時に行為をしてその時だけ子供が生まれる その時だけは無性に、いい男と行為をしたくなる。 それ以外の時は、いい家庭を作ってくれる、 いいお父さんになってくれそうな人と一緒にいたくなる そうやって、いい男の子供を いいお父さんになってくれそうな人に育てさせる ということをずっと続けてきた。 100人に4人が他人の子供を自分の子供と信じて育てている というのは、衝撃的でした((+_+)) 永遠にだまし続けられる人がほとんどなのでしょうね 知らぬが仏とはいいますが、気づかないものでしょうか? 一番よくわかるのは耳の形だそうです。。。
スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする