陽松庵の梅が見事!天桂伝尊禅師が晩年を過ごした池田市の古刹/大阪府

大阪府池田市吉田町179
座禅道場 陽松庵(ようしょうあん)

平成29年3月5日(日)
9時半からの座禅会に参加した帰りに撮影しました。
今日の座禅は2回目の時に
普 勧 坐 禅 儀というのを唱えました。
座禅会初参加のレポートはこちら(^^)

気持ちのいい小春日和でした。
綺麗に整ったお庭の
枝垂れの梅の木が満開です!

ココロがぱっと晴れやかになります。
甘い香りが離れていても漂ってきて
本当に美しい・・・
梅はやはり乙女の花ですね。

↓こちらは一週間前に撮影した写真です。

1週間で満開になりました。

お庭には大きな桜の木もあり
小さなつぼみが膨らみかけていました。

春になると、お茶会も催されるそうです。

陽松庵は、細河の里の山中にあるお寺。
ものすごい歴史を感じるパワースポットです。

古くは夢想国師の開基といわれ、
享保6年(1721)
天桂禅師に帰依した木部の牡丹屋下村小兵衛が
現在地に建築寄進しました。

天桂禅師はこの地で江戸初期の『正法眼蔵』の註釈書である
『正法眼蔵弁註』を執筆し、独自で宗風を打ち立てた
と言われています。

広い座禅堂があり日曜日午前9時30分から一般参加できます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
池田市に伝わる織り姫伝説をわかりやすくファンタジー童話にしました。
織姫伝説☆ファンタジー☆童話/大阪府池田市/くれはとり(呉織)あやはとり(穴織)呉服神社と伊居太神社

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする