望海亭跡は豊臣秀吉も来た五月山にある東屋/石碑/山川正宣/廃神社/大阪府池田市

先日、愛宕神社に行った帰りに望海亭跡にも行ってきました(^^)/
先日の愛宕神社参拝の記事はこちらからどうぞ↓
愛宕神社はがんがら火祭り/愛宕火の点火をする五月山に鎮座する神社

五月山にはハイキングコースがいくつかあって
わりと気軽に楽しめる感じなのです♪かわいい名前がついてます
↓全体図はこんな感じで所々にトイレがあったり案内版もたくさんあるので
迷子になったりすることはまずないと思います。

望海亭跡は赤い印のついてるとこです↓
私は大文字コースを行って、五月台コースで戻ってきた感じです。


愛宕神社に別れを告げ、さぁ下山しようかなと思ったらこんな案内版を発見
「望海亭」は聞いたことがある、行ってみよう♪

案内版が指す方向へ行くと、なかなかの自然道。
鳥の声が聞こえて、風の音がして、気持ちいいところ、まるで森林浴。
頭からっぽにしてただ自然と一体になる感じがします。


またすぐに案内版が出てきたので迷わずに安心してすすめました。

こんなのどかな道を誰にも会うことなくのんびりと歩きます。

どうやらここ↓が望海亭跡のようです。
少し開けた感じになっていて、石碑がひとつ建っています。
何も知らなければ、特に素通りしてしまうような感じ。


今から500年以上前、
1480年に大広寺住職「祥山和尚」がここに東屋を建て
望海亭と名付けました。

現在は木々が生い茂っていますが、生駒、葛城、和泉から淡路島までが見渡せたそうです。見晴らしいいはずなのに今は見えなくて残念です。

300年あまりの間、多くの詩人、文人、墨客がここを訪れて風月、風光を鑑賞し詩文を残しました。

そして愛宕神社の傍に湧く名水を汲んで豊臣秀吉が茶を喫したとも言われています。

しかし1804年以降は亭も朽ち果てて忘れられる存在となりました。
1841年に酒造家の西大和屋11代目「山川正宣」はこれを残念に思って
後世に伝えるため「望海亭記」の碑を建てました。
碑文は「横川景三」の文を選び、書は「呉策」に頼み、中国風の石碑にしました。

古の みやまの庵の跡惜しも 千代まで見よと 残す石文 
(千代とは1000年、または長い年月のこと)

「望海亭記」という文字が表側に593文字、
裏には91文字刻まれています。


180年の年月が流れ、風化して文字が読みにくくなっています。
でもこの石碑がなければ望海亭のことは忘れ去れてしまったかもしれません

この碑は1978年に池田市の重要文化財になっています。
                         (中岡嘉弘氏の池田歴史訪探を参照)

さぁ、山を下りましょう

この辺りから道があるのかないのかわからなくなってきて
あれ?道を間違えたのかな?と思いました
麓の景色が見えていたので心配はしませんでしたが・・・

そういえば、五月山には熊が出るということを思い出して
ちょっとゾワゾワして、大きめの声で歌ってみたり、、、、
熊だけでなく、野生動物に出くわす危険はあるし、いろいろ怖くなりました

やっと道らしい道に出て、階段を降りると大きな道路、ほっとした(^^)/

道路を渡ると、あら?なんだろうと思って近寄ると
朽ちてしまった神社がありました。
狛犬さんが転んでしまって可愛そうな感じ
かつてはこの場所で多くの人が願いごとをしたんですね。
いろんな人々の思いがたまっている場所のように感じました。





最後までお読みいただきましてありがとうございました。
2019年3月にがんがら火祭りの始まりについて書いた
物語「神火を飛ばした男たち」出版いたしました。


ヤフオクからご注文いただけます→ヤフオク

今のところ下記の三店舗で販売しています。

✿カフェチュール
所在地:大阪府池田市栄町4-4 ウィスパービル2F
電話番号:070-5042-5699
営業時間:11:00〜20:00
定休日:木曜日

✿カフェまーる
所在地:大阪府池田市井口堂3-2-3

電話番号:090-6249-4135
営業時間:9:30~6:00
定休日:毎週月曜日

✿池田観光案内所
所在地:大阪府池田市満寿美町2-7
電話番号:072-737-7290
営業時間:9:30~16:30
定休日:火曜日(火曜日が祝日の場合、翌平日が定休日)

         カフェチュール

       カフェまーる

ツイッター・フェイスブックなどもしています(*^-^*)
どうぞ宜しくお願いいたします。
*・゚゚・*:.。..。.:*゚:*:✼✿(ღ✪v✪)。゚:*:✼.。✿.。キラキラ♥

★いけだよりツイッター

★いけだよりフェイスブック

★いけだよりユーチューブ

★大阪池田市の輪

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
池田市に伝わる昔話を創作童話にしました!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
おはなし/篠原利香 監修/中岡嘉弘

織姫伝説ファンタジー☆くれはとりとあやはとり

無形民俗文化財「愛宕火」のはじまり

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする