大阪池田市の輪”4周年”Facebookグループ2600人/今思うこと

Facebookグループ大阪池田市の輪←クリックしたら出てくるよ
2015年4月29日に作ったのでおかげさまで!!
今日で4周年を迎えました!(*゚▽゚)_∠※☆PAN!

現在のメンバー約2600人( ・◡・ )♫•*¨*•.¸¸♪
毎日減ったり増えたりしています・・

作ったきっかけはこちら↓
大阪池田市の輪/作ったきっかけ

オフ会は今まで5回開催していて(中には8時間やったのもあり)
毎回新しい出会いがあり、オフ会後も個人的なおつきあいとなる方は多く
様々な分野の方とお友達になれていろんなお話しを聞くことができるので
とても人生が豊かになったなぁ(*^-^*)と嬉しく思っています 😛 

大阪池田市の輪は、最近では「池輪」と呼ばれていて

「池輪を見てると行ってみたいお店がいっぱいあって、今まで梅田で遊ぶことが多かったけど最近は池田で遊ぶことが多くなった」
と有難いお言葉を頂戴しております♪


私が考える大阪池田市の輪の目的は・・・
「みんなとつながって笑顔になる」
                  でございます(^^)

※大阪池田市の輪では
情報交換の範囲を池田市・豊中市・箕面市・川西市・豊中市・伊丹市としていて
(池田市を中心に地続きの市が輪になってるイメージです)
メンバーになるのは一部注意事項はございますが誰でもOKです。
以下、池田と書くのは、範囲内の地域のことです(^^)/

近頃の人と人の繋がりはどんどん薄くなっているように感じますのです。
池田でもマンションが次々とたくさん建って、
他地域から新しく池田に来られた方も多くいらっしゃいますが
なかなか地域になじめない、ご近所のお友達ができないと寂しく思われている方もおられるのではないかと思います

そうゆう方々はもちろんのこと、多くの方に大阪池田市の輪のメンバーになっていただき、インターネットを通じてたくさんの人と出会い、
リアルな出会い、交流となっていけばお友達が増え、地域全体がつながり大コミュニティーとなることも夢ではありません。

池田駅前や商店街を歩いていて、通りかかる人のほとんどが、
みんな知り会いだったらおもしろいと思いませんか?
油断ならぬ時もありますが、私はほぼそんな状態になってきています。


行政や企業、商店街やお店がイベントなどを行い
一般市民は置き去りで勝手に盛り上がっているようなこともあるかと思いますが、大阪池田市の輪では全員が同じく主役となりどんどん発信することができます。
また情報を得ることで、地域に貢献したいと思えばいつでもそうできる機会も増えます。

今は池田を離れているけど、池田で育った方や、池田になんらかの地縁のある方が戻って来られる場所でもありたいと考えています。
Facebookグループで繋がっていることで、距離や時間という壁を越えてコミュニティが構築できるし、オフ会の時などには帰ってきて懐かしい街を歩き、グループのメンバーと交流し、その中からまた個人的なお付き合いへと発展していくこともあれば良いと思います。
そしてたぶん、狭い池田界隈のことなので、出身中学が一緒だったり、実は知り会いだったりすることもあるんです。
オフ会をしていても、友達の友達なんてことはザラにあるしいろいろご縁のあることがわかってきておもしろいです♪


池田に住んでいる人、池田に地縁のある人、どちらも池田が大好きであることは同じであり、池田に住んでいない人はまた別の視点から見ることができて新しいアイデアが出てくるのかもしれません。

池田やその他の地域でも各種団体が様々な活動をしていますが
それが連携できておらず、もったいないと感じることがあります。
どの団体がどんな活動をしているかを知ることで、一緒にイベントをしたり
弱いところを補ったりもできるかと思います。

SNSではひとり1人が文章を書いていろんな情報を発信するため
その人の”人となり”が文章からにじみ出ることも多く
いい意味でも悪い意味でも、個性がじゅわっと出てイメージされやすくなります。
特にお店の方はグループのルールをきちんと守っていただいて、いかにわかりやすい投稿をし、コメントを返すかでお店の雰囲気が見られます。
発信すればするほどにプラスのイメージへと繋がるような投稿をしていただければ本当に集客になり、お店の発展につながるかと思いますのです。

と、ここまで書いて読み返すと何が書きたいのかよくわからず
支離滅裂ではありますが、今思うことをつらつらと考えて書いてみました。

最後になりましたが、大阪池田市の輪を作るにあたってご協力をいただいた

寝屋川の輪の管理人様に厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする