あわん堂の薬師如来像は市指定文化財で平安時代後期の作/池田市

先日、池田駅からめんも坂を通って池田市民病院へ行きました。
この道は能勢街道で、妙見山から中津まで続く道です。
古くから続く和菓子屋さんやお寺があって見所満載でいい雰囲気♪

星の宮を過ぎると、何やらお堂のようなものが見えてきます。
↓星の宮について記事を書いてますのでご覧ください(#^_^#)
池田市の星の宮(星の御門)織姫伝説の7つの星/明星大神宮/伊居太神社のお旅所

「上池田薬師堂」または「あわん堂」と呼ばれています。
上池田1-9-7

池田城主池田氏の奥方が、阿波の三好一族から嫁いできたことから
阿波の人々がこのたりに多く住みつき、
を「あわん堂」と呼んだそうです。

元々はこの近くにある法園寺の末寺「極楽寺」にありました。
↓法園寺について記事を書いておりますのでご覧ください(^^)/
池田市建石の法園寺/竹原山・玉蓮院/浄土宗 知恩院末寺

よく見ると、扉の真ん中あたりに穴が開いていて
中を拝観できるようになっています。

見てみますと・・・中は真っ暗で何も見えません。
この日は特に小雨でお天気が悪かったのです。

しばらく見ていると、だんだん目が慣れてきて・・・・・

ひょえー!!!(~o~)とのけぞりましたよ

大きな薬師如来様がおられます。
なんと145㎝あるそうで、ほぼ等身大の立像です。

池田市の重要文化財に指定されていて、平安時代後期の作とされている。


桜の一木造りで漆塗りの後に彩色仕上げにしていたそうです。
頭部を少し右に傾けて、両手のひじを曲げて右手は施無畏印、
左手には薬壷を持っています。
ネットを被ったような頭部、二本線を表した腹部の表現などは
平安時代10世紀頃の天台宗系寺院の仏像によく見られます。
体の背面は彫刻が省略されたままになっていて、仏像が霊木より現れつつあるところを表現したもの、という研究者もいます。

脇侍の仏像は「月光・月光菩薩」で薬師三尊となっていて
あと眷属(けんぞく)として十二神将が揃っています。
眷属は身内のもの、家来などの意味。
十二神将は十二体の武神、これは見えなかったなぁ。
毎月8日は薬師如来の縁日で仏像が開帳されるそうです。

見れば見るほど味があるというか
なんかパワーを放っているようなお堂です。

阪神・淡路大震災と時に、像が転倒したそうですが
わずかなかすり傷ですんだそうです。


薬師如来は病気を治してくれる神様ということで
古来より遠方からお参りの方がたくさん訪れたそうです。



あわん堂の前には数体のお地蔵さんが安置されていて
中央の石仏が天文16年(1547)の銘が刻まれています。
年号の入った石仏としては池田では最も古いものです。

↓こんなスケッチを中岡さんから譲り請けた資料の中にみつけました。

この記事は中岡嘉弘さんの「池田歴史探訪」を参考に書きました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
池田の郷土史研究家「中岡嘉弘さん」の様々な
↓↓↓講演をユーチューブで聴いていただけます

いけだより
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする