正福寺は日本の体育の父「嘉納治五郎」と関わりがある/西国街道/池田市

天興山 正福寺 曹洞宗 をご紹介します(^^)/

参考文献/池田市史 池田歴史探訪 池田の史跡

所在地

池田市豊島南1-5-26
この辺りは昔、北今在家と呼ばれ、
西国街道沿いで受楽寺、西宝寺とともに

3つのお寺がすぐ近くに並んでいます。

この正福寺には大きな駐車場があります。



開山

開山は「大本山永平寺五十世玄透即中大和尚」
             げんとうそくちゅうろうだいおしょう

二世とともに1800年頃創建。


戦乱と箕面川の氾濫を乗り越えた本尊

幾度かの戦乱による消失、
箕面川の氾濫でほとんどを失いますが

創建当時の「観音堂」と「十一面観音立像」が残り
この観音像を本尊として再建されました。


本尊の両脇に「如意輪観音」「淮胝観音」
その前に「道元禅師」「瑩山禅師」
両脇には「大元大師」「達磨大師」が安置されています。

本堂

再建された本堂は老朽化し、そこに阪神大震災が起こり、
大きな被害を受けて、
平成15年に現在の本堂が建立されました。


新しい本堂の正面に掲げられている「施無畏」の額は
きれいに補修されていますが

もとは観音堂に掲げられていた額で「麻田藩主直筆」のものです。


住職

当時の住職は代々「尼僧」が勤められていますが
彦根藩筆頭家老の奥方を始め、格式の高い尼僧が入寺しています。

彦根藩上席家老の息女がこの世の無常を感じて出家し、この寺に来た時に
石の観音像を持ってきたと伝えられています。
片膝を立て、肘をささえて憂いている姿。
こちらは、「池田の史跡」より、福西茂氏の絵↓

嘉納治五郎

正福寺は「講道館」創設の嘉納治五郎と関わりがあります。

明治から昭和にかけて日本におけるスポーツの道を開き
「柔道の父」と呼ばれ、また「日本の体育の父」とも呼ばれる。

兵庫県の生まれで教育者、柔道家で東大卒業後学習院に勤め、
明治15年にはストックホルムオリンピックに出場しています。

嘉納家累代の位牌が開祖の木造とともに安置されています。
治五郎の父が書いた涅槃図があり、嘉納家の法要の時に
涅槃図を借用したい旨の治五郎直筆の手紙も残されています。

墓地横のお社

愛宕神社と稲荷社があります。

池田市史の中の記述で
愛宕講は、7~8件で8月23日に正福寺に預けてあるヤシロを拝むとあります。

気になること

本堂横にお地蔵様がたくさんおられました。

このすぐ近くにある西宝寺と同じく
本堂が新しいので、お寺というよりは会館のような印象です。
箕面川の氾濫や、戦火、そして地震によって形は変わっていくけど
そこにお寺があり続けるというのはここに住む人や、かかわる人
通りかかる人にもやすらぎを与えるものですね。

西宝寺についてはこちら↓をご覧ください(^^)/
西宝寺は新しい本堂だけど本尊は350年以上らしい

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする