松操寺/池田市木部の尼寺/江戸初期から350年の古刹/曹洞宗/竹林山



池田市木部の天神宮を訪ねて
その周りを散策していて見つけたお寺です。
天神宮の詳細はこちら↓
木部天神宮/木部天満宮(紀部神社)菅原道真と直接の由来?池田市木部

阪急宝塚線池田駅から久安寺行きや、伏尾台行きのバスで
10分くらいでしょうか、木部下車です。

お寺のような雰囲気ではあるのですが
最初、一般の家のようにも見えて、
門をくぐるのに勇気がいりましたが間違いなくお寺です
門は開いてるんですよ、でも入っていいのかなー?って。
ちょっと遠慮してしまう小さいお寺です。
竹林山 松操寺 曹洞宗 

開山は下村五郎右衛門で
地元では「ごろよみ」と呼ばれていたそうです。
この辺り、木部は下村さんの姓が多く
牡丹で繁盛した下村家の牡丹屋小兵衛は有名です。

ご本尊は釈迦牟尼仏で台座には「笹りんどう」の紋があり
獅子に乗っておられます。
ごろよみの祖母の所蔵していたものではないかと思われますが
400年以上前の仏像です。

このお寺は長い間無住の時代があり
竹藪にポツンとあった人里離れた簡素なもので
籠職人が住み着いたこともあったそうです。
江戸初期から修復を重ねて350年近くの歴史がある寺です。

今でもお寺の裏あたりは山で鬱蒼としています。
350年前はどんな風景だったのか想像もできません・・



ご覧頂きましてありがとうございました。
いけだよりは
ツイッター・フェイスブックもしています(*^-^*)

どうぞ宜しくお願いいたします。
*・゚゚・*:.。..。.:*゚:*:✼✿(ღ✪v✪)。゚:*:✼.。✿.。キラキラ♥

★いけだよりツイッター

★いけだよりフェイスブック

★大阪池田市の輪 

大阪池田市の輪は毎日たくさんの情報が更新されています。
ぜひご参加ください(^^)/

池田市には1600年前から伝わる織姫伝説があります。
わかりやすくファンタジー童話にしましたので是非お読み下さい。↓
池田市の織姫伝説☆ファンタジー☆童話/昔話/くれはとり(呉織)あやはとり(穴織)呉服神社と伊居太神社

ye-Bye!!’゚☆。.:*:゚★゚’*ヽ(⌒ー⌒)ノ:*’゚★゚’:*.::’゚☆。 マタネッ

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする